本文へ移動

急性期一般病棟の入院案内

※医療機関の方が対象のページになります
急性期一般病棟への入院を希望される場合や相談などは、下記の問い合わせ先に連絡をお願いいたします。

一般病棟とは

 急性期疾患の治療・回復を目的とした病床です。検査・手術が必要な場合や肺炎・感染症など集中的な治療が必要な時期から安定するまでの方を受け入れ、早期から理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が日常生活動作の向上を目的としたリハビリテーションを行い、患者さんの早期退院・在宅復帰を支援します。

急性期治療(Acute Care)

 各種疾患患者の急性期入院治療を行っています。外科、内科、小児科、眼科の疾患を対象とした混合病棟になります。救急搬送患者さんの受け入れなど総合的な診察ならびに治療を行っています。

亜急性期治療(Sub Acute Care)

 救命救急処置が必要な急性期だけではなく、在宅療養や施設入所している患者さんの状態が悪化した場合(亜急性)の受け入れも積極的に行なっています。入院直後から積極的な治療を行い早期の退院を目指します。即日入院にも対応します。

リハビリテーション

 疾患や患者さんの状態に合わせ、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がリハビリテーションを提供します。

他病床、他病棟との連携

 急性期治療後にさらなるリハビリが必要となった場合には、疾患や状態に応じて地域包括ケア病床や回復期リハビリテーション病棟での継続したリハビリも検討します。一方、回復期リハビリテーション病棟の患者が急性期治療が必要となった場合の一般病床への受け入れも迅速に対応しています。

退院支援

 退院に際しては、担当医だけではなく、地域連携室(退院支援看護師、専属看護師)や医療相談室(ソーシャルワーカー)とも密接な連携をとりながら、患者さん、ご家族、関連施設やケアマネージャーも交えて調整をさせて頂きます。

お問い合わせ先

 医師または地域連携室がご相談をお受けします。現在、他施設にご入院の方は、主治医と相談のうえ、ご連絡ください。
 
地域連携室 担当者 平賀
 TEL:019-635-1362
 FAX:019-635-1318
 
お問い合わせ時間
 月~金 8:45~17:15
 土   8:45~12:30
 
 
 
 
TOPへ戻る